4月に履き替えると
お得でスムーズ!




4月1日(木)~ 5月30日(日)まで,
県内14店舗で
春のタイヤキャンペーンスタート‼



お店で、オトクなクーポン画面を
スタッフへお見せださい! 
下記、特別価格にてご案内!


▶オトクなクーポンはこちら


春先の交換で
梅雨時期も
安心・安全・快適に過ごす



3つのポイント!
今すぐチェック!


タイヤの溝大丈夫?
タイヤのキズ大丈夫ですか?

タイヤの空気圧大丈夫ですか?

 




1つでも気になったら・・・
ダイハツへGO!


ダイハツのおすすめ


純正取り扱い 国産メーカー!


●ブリヂストンタイヤ!
●ダンロップタイヤ!


ラジアルタイヤ 通常販売価格より 10%OFF


ブリジストンタイヤ

ブリヂストン エコピアNH100Cの場合

155/65R14 4本セット

通常販売価格 39,160円(税込)

キャンペーン価格 4本セット

35,244(税込)

※価格には、交換料金・アルミホイールの価格は
含まれておりません。

※ワンダフルパスポート会員特典との併用はできません。




ダンロップタイヤ

ダンロップタイヤ エナセーブEC204の場合

155/65R14 4本セット

通常販売価格 26,400円(税込)

キャンペーン価格 4本セット

23,760(税込)

※価格には、交換料金・アルミホイールの価格は
含まれておりません。

※ワンダフルパスポート会員特典との併用はできません。



さらに、タイヤ交換料金は 20%OFF



各種タイヤサイズ・グレード、取り扱っております。
詳しくは、各店舗へお問い合わせください。




夏タイヤへの履き替えの料金 20%OFF



軽乗用車の場合


通常履き替え料金 2,200円のところ


20%OFFで
1,760(税込)



その他につきましては、各店舗へお問い合わせください。



お店で、オトクなクーポン画面を
スタッフへお見せださい!


▶オトクなクーポンはこちら

※ワンダフルパスポート会員特典との併用はできません。



 



さらに ダイハツポート会員特典


ダイハツポート会員の方、
またはダイハツポート会員登録で、さらにおトク‼



タイヤの価格が、通常販売価格より15%OFF


タイヤ交換料金が、通常交換料金より30%OFF



 
●ブリヂストン エコピアNH100Cの場合
155/65R14 4本セット
通常販売価格 39,160円
ダイハツポート会員価格 33,286(税込)
タイヤ交換料金も通常交換料金より 30%OFFに!
 
●ダンロップタイヤ エナセーブEC204の場合
155/65R14 4本セット
通常販売価格 26,400円
ダイハツポート会員価格 22,440(税込)
タイヤ交換料金も通常交換料金より 30%OFFに!
 


☆お店で、ダイハツポート会員画面をスタッフへ
ご提示いただくと、
 ダイハツポート会員価格に!




ダイハツポート

 

ダイハツポートでは、地域・生活に役立つ情報や、車検・点検のWEB予約などカーライフに役立つツールをご利用いただけます。あなたの生活・カーライフをもっと豊かに、もっと便利に、ダイハツがサポートします。

ダイハツポート詳しくはこちら








※適用車種・在庫状況等は、最寄りの群馬ダイハツ店舗へご確認ください。

※ワンダフルパスポート会員特典との併用はできません。


■上記、価格はすべて消費税10%込価格となります。■キャンペーン期間:2021年4月1日(木)~2021年5月30日(日)■画像はすべてイメージです。■群馬ダイハツ自動車 限定企画の為、予告なしに終了する場合がございます予めご了承ください。●詳しくは、スタッフまでお問いわせください。






豆知識!タイヤの選び方




タイヤ選びのポイント


タイヤ交換をする際、新車のときに履いていた標準タイヤと同等以上のタイヤに買い替えましょう。言い換えると、タイヤの質を下げると、車の性能も低下してしまうということになります。タイヤを新しく購入する時は、つい安いものに目が行きがちですが、今履いているタイヤを基準にして、同等、またはそれ以上の性能のものを選びことをおすすめします。


タイヤサイズの選び方


タイヤは、車を購入した時についていたものと同じサイズを買うのが基本です。サイズは、タイヤの側面に書かれています。写真のものには、「155/65R14」と書かれていますが、それぞれの意味は、


タイヤサイズ

 

155=タイヤの幅

65=タイヤの厚み

R=ラジアル構造(チューブレスの意味)

14=インチ数

を表しています。

タイヤを選ぶ時は、この数字をメモしましょう。



低燃費タイヤを見分けるタイヤラベリング制度とは?


タイヤラベリング制度は、2010年に始まりました。転がり抵抗係数とウェットグリップ性能、この2つの評価を表示したラベルを貼って、そのタイヤの性能を簡単に確認することができるようになっています。


●転がり抵抗係数:タイヤが転がる性能をAAA~C等級で表したもの。最もよく転がるものが AAA。


●ウェットグリップ性能:雨天時の道路で停止する性能をa~dで表したもの。最も良いものが a。


このうち、転がり抵抗係数がA以上でかつ、ウェットグリップ性能がa~d内に入っているタイヤだけが、低燃費タイヤとされます。夏タイヤを購入の際に、確認してみてくださいね。


タイヤラベリング

JATMA(日本自動車タイヤ協会)のラベリングでは、ウェット性能の評価とともに、転がり抵抗係数も5段階で表示して、転がり抵抗性能の等級がA以上で、ウェットグリップ性能の等級がa~dの範囲内にあるタイヤを「低燃費タイヤ」と定義しています。さらに大事なのが空気圧。低燃費タイヤやウェット性能の高いタイヤを履いても空気圧が適正でなければ、性能は十分発揮されないので要注意。とくに耐ハイドロプレーニング性能は、空気圧の影響が大きく、空気圧の低いタイヤほどハイドロプレーニングになりやすいので、タイヤの空気圧は月に一度は調整することをおすすめいたします。また、摩耗して残り溝が少なくなっているタイヤや、使用年数が長く、ゴムが硬化してきているタイヤはウェット性能もかなり低下しているので、溝の少ないタイヤや、4~5年以上使っているタイヤは、早め早めに交換をおすすめいたします。